読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびだせどうぶつの森 QRコード置き場

ここにはおもに『とびだせどうぶつの森』でネオジオキャラになりきるためのマイデザイン用QRコードや、SNK関連の二次創作テキストなどを置いています。髪型や髪色、瞳の色については『とびだせどうぶつの森』の攻略Wikiを参照してください。

TGS2007『KOF MI』生アフレコ

東京ゲームショウ2007 『KOF MI』生アフレコ ナレーション (前塚氏) 「2007年9月22日、サウスタウンのとあるバー。……そこに数人の男女が集い、秘密の会合が開かれたという」 なにやらムーディなバーを思わせるBGM。そこにからんころんとドアベルの音を…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い補足

武運つたなくサービス開始から2か月たたずにサービス終了が決定した『絆』。ぼくは製作会社のほうから『サムスピ』を知らない新規ユーザー層にアピールすることを目的としたテキスト執筆を依頼されていた。その一環として、難しい文章表現は避ける、かわら…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い06

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い05

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い04

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い03

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い02

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い01

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

公式SS解説17

ss17「Le Pucelle de Poison――上海にて」初出:2008/02/07 『MIA』特設サイト 「爪痕」のラスト近くで、アッシュが邂逅した謎の女(=笑龍)に「シェン・ウーさま……」というひと言をいわせたところ、いろいろなところで反響があったようなので(おもにヘンな…

公式SS解説16

ss16「アルザスの赤い花」初出:2007/06/15 無料配布冊子『DSS』収録 『MIA』のロケテスト会場となった秋葉原のゲームセンター「Hey」で配布した、期間限定ペーパー『デイリーセカンドサウスextra』用の連載小説第63回。連載小説といっても、このペーパー自…

KDDIデザイニングスタジオ『KOF MI』生アフレコ台本

『徹子の部屋』を思わせるBGMが流れる。 アッシュ 「ボンジュール、マダム・エ・ムッシュー。KDDIデザイニングスタジオへようこそ。きょうはこのボク――『KOFマキシマムインパクト レギュレーションA』の主人公であるこのボク、アッシュ・クリムゾンが、この…

TGS2007『KOF CLASSIC』生アフレコ台本

ナレーション 「秋の足音が一歩一歩近づいてくるきょうこの頃、みなさんいかがおすごしでしょう? 今年の夏はいい思い出を作れましたか? これは、闘うことに青春のすべてを捧げた若者たちの、遅すぎる夏の切ない思い出のひとコマです……」 夏の終わりの夕方…

公式SS解説15

ss15「喧嘩百段! これがナニワの男意気じゃィ!」初出:2007/07/06 『MIA』公式サイト アーケード版『MIA』に電撃参戦を果たした『ファイターズヒストリー』シリーズの名物男、溝口誠のストーリー。某少年マンガにインスパイアされたとおぼしい濃すぎるキャ…

公式SS解説14

ss14「相棒」初出:2007/05/17 『MIA』公式サイト アーケード版『MIA』で追加されたブルー・マリー用のストーリー。全編の大半がバーでの会話、しかもその相手が同業者のセスということで、非常に地味で動きのない作品。ただし、エージェントという抽象的な…

公式SS解説13

ss13「爪痕」初出:2007/05/17 『MIA』公式サイト アーケード版『MIA』のキャラクター紹介のために必要になったテキストで、タイトル通り、ネイルアートが好きなアッシュ・クリムゾンをフィーチャーした作品。舞台がフランスではなく香港になっているのは、ラ…

公式SS解説12

ss12「變面」初出:2008/01/24 『MIA』特設サイト 『餓狼』勢に「難兄難弟」というストーリーがあるなら『龍虎』勢にも何かひとつ、ということで考えた話。『MI』にはリョウとユリのほかに2代目ミスター・カラテしか『龍虎』キャラが参戦していないため、非…

公式SS解説11

ss11「ラスベガス」初出:2008/01/10 『MIA』特設サイト 「カサブランカ」と対をなす1編。あちらが白い百合ならこちらは赤い薔薇でいこう、という単純な理由からラスベガスと命名した。「カサブランカ」同様、もとはKOF忘年会2006での生アフレコで演じられ…

公式SS解説10

ss10「カサブランカ」初出:2007/12/26 『MIA』特設サイト タイトルからも判る通り、東京ゲームショウ2006のSNKブースにておこなわれた『MI2』生アフレコのエピソードを短編として書き起こしたもの。基本的なストーリーラインは同じだが、各キャラのセリフ以…

公式SS解説09

ss09「風蕭蕭兮易水寒、壯士一去兮不復還。」初出:2007/06/08 『MIA』公式サイト 当初、コンシューマ版『MIA』のために必要になるということで書いたサイドストーリーだったが、雑誌などに掲載する新キャラクターのストーリーは、ストーリーモードがないぶ…

公式SS解説08

ss08「ICH KUSSE IHRE HAND,FRAULEIN ~お嬢さん、お手をどうぞ」初出:2008/08/31 『KOF MAXIMUM IMPACT REGULATION “A”POSITIVE WORKOUT』収録 これまでのサイドストーリーの中では随一の長さとなった作品。400字詰めの原稿用紙に換算すると90枚を超える。…

公式SS解説07

ss07「難兄難弟」初出:2007/12/06 『MIA』特設サイト 『餓狼伝説』の主人公であり、『MI』シリーズでもその存在感を発揮しているテリー・ボガード(ゲーム中ではワイルドウルフ)と、その弟でありながら、当時『KOF』から姿を消して久しかったアンディ・ボ…

公式SS解説06

ss06「メランコリア」初出:2007/11/22 『MIA』特設サイト 『MI2』の隠しキャラでありながら、ある意味でアルバとソワレ以上の人気を持つニノン・ベアールを主人公に据えた小品。SNKに提出後、公式サイトの更新停止とともに長く発表されずにいたが、『MIA』…

公式SS解説05

ss05「奈落の虫」初出:2006/08/31 『MI2』公式サイト 「アルバとソワレ」に続いて掲載されたエピソード。ノベライズでいつもお世話になっていた怒チームの面々と、『MI2』に隠しキャラとして登場したフィオをメインに持ってきた作品だが、怒チームというと…

公式SS解説04

ss04「アルバとソワレ――もしくはフリードリヒとヴォルフガング」初出:2006/08/03 『MI2』公式サイト 『MI2』発売後、公式サイトに掲載されたストーリー。時間軸でいえば、アルバがジヴァートマとの闘いに勝利し、ルイーゼによってグランドモスクから救出さ…

公式SS解説03

ss03「夜のガスパール」初出:2006/04/13 『MI2』公式サイト(冒頭のみ、完全版は『KOF MAXIMUM IMPACT 2公式コンプリートガイド』収録) ファン投票企画のための3編のうちのひとつ。当初から、これら3編で『MI』オリジナルでストーリー上のメインストリー…

公式SS解説02

ss02「背中」初出:2006/04/13 『MI2』公式サイト(冒頭のみ、完全版は『KOF MAXIMUM IMPACT 2公式コンプリートガイド』収録) 公式サイトでおこなわれたファン投票企画のための3編のうちのひとつ。おそらく選ばれないだろう、という前提のもと、いきなりデ…

公式SS解説01

ss01「サンズ・オブ・フェイト」初出:2006/04/13 『MI2』公式サイト(冒頭のみ、完全版は2006/04/27公開) 『MI2』公式サイトで一番最初に発表されたストーリー。ぼく自身が一番最初に書いた『MI』関連のエピソードでもある。もともと、「背中」、「夜のガ…