とびだせどうぶつの森 QRコード置き場

ここにはおもに『とびだせどうぶつの森』でネオジオキャラになりきるためのマイデザイン用QRコードや、SNK関連の二次創作テキストなどを置いています。髪型や髪色、瞳の色については『とびだせどうぶつの森』の攻略Wikiを参照してください。

侍魂

『善行には報恩あるべし』 作品解説

昔、男体山の神(白い大蛇)と赤城山の神(大百足)が中禅寺湖の領有権をめぐって戦うことになり、男体山の神は俵藤太を助っ人に迎えて見事に大百足を退治してもらったという。 ――というような、おとぎ話としてはひとつのステレオタイプのお話を覇王丸で書こ…

『善行には報恩あるべし』

江戸からそう遠くない武蔵野の山中に、深々と雪が降っていた。厚く積もるほどではないが、身体の芯を刺すような寒さが、吐く息を白く煙らせている。 年の瀬も押し迫った師走である。 といって、年があらたまらぬうちに何かやらなければならぬことがあるわけ…

『サムライスピリッツ天草降臨 ~夏の風花~』

1997年3月発売。『’96』の直後、すぐにでもSNKのノベライズを書きたくて、同じ年の暮れにリリースされた『サムスピ』新作にも手を出した。ただ、せっかくの『天草』であるにもかかわらず、新キャラの風間兄弟はさほど登場せず、ぼくの趣味が前面に押し出さ…

『緑髪』 作品解説

『サムライスピリッツ絆』のために用意したが、結局提出することなく終わった掛け合いの中から、シリアスめのものを選んで短編にしたもの。『真』の終盤、恐山に出現したミヅキとの決戦のシーンである。覇王丸や十兵衛はこれまでにも文章で書く機会があった…

『緑髪』

遠くに見え始めた陸が、鈍色にくすぶっている。海はおだやかだったが、波間を駆け抜けて吹き寄せてくる潮風は身を切るように冷たい。重苦しく曇った天を見上げれば、ちらほらと雪が降り始めていた。夏だというのに、まるで真冬のごとき空だった。 船縁に背を…

ナコルル

ナコルルといえば『サムライスピリッツ』の人気キャラクターだが、これは殺人鬼のような目をしたパチスロ『サムライスピリッツ鬼』のナコルル。デザインは『無限の住人』の沙村広明さんである。このナコはママハハの代わりに覇王丸をお供に連れているらしい…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い補足

武運つたなくサービス開始から2か月たたずにサービス終了が決定した『絆』。ぼくは製作会社のほうから『サムスピ』を知らない新規ユーザー層にアピールすることを目的としたテキスト執筆を依頼されていた。その一環として、難しい文章表現は避ける、かわら…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い06

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い05

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い04

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い03

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い02

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

サムライスピリッツ絆 未使用掛け合い01

前提1:『サムスピ絆』は、週に3階、かわら版と称してアイコン+セリフによるキャラ同士の掛け合いが公開されていた。 前提2:月替わりで『初代』→『斬紅郎』→『剣客伝』→『真』……という順でバックストーリーが変わり、かわら版もそれに合わせたものになっ…

キリアン

『サムライスピリッツ閃』に登場する白薔薇の闘牛士。よく判らないがシャルロットに惚れているらしい(全体的に『閃』の新キャラはよく判らん)。髪型は女の子13、髪の色は黒、瞳の色はブラック。作ってからいうのもアレだが、どう見てもエミリー・プレンテ…

覇王丸

『サムライスピリッツ』の元祖主人公、覇王丸。これは年表上でのシリーズ最終作『剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃 サムライスピリッツ新章』における47歳の姿。いまだに結婚もせずふらふらしていたらしいが、この作品のラストでお亡くなりになられる。髪型は女の…

風間葉月

『サムライスピリッツ天草降臨』に登場した風間兄弟の妹、葉月。デモやエンディングにしか登場しないが、なぜか地味に人気がある。これは『零』の火月エンディングに登場した際の忍装束姿。髪型は女の子9、髪の色は緑、瞳の色はグリーン。光合成によって生…

『鬼のふたたび生まれいづること』 作品解説

ポリゴン版『侍魂』の幻十郎エンディングに、なぜすでに死んでいるはずの斬紅郎が唐突に出てくるのかよく判らず、それに個人的に説明をつけてみたというか、こうではないのかと解釈してみた作品。ということで、時系列的には『侍魂』の直後、1790年の夏の終…

『鬼のふたたび生まれいづること』

その夏の終わり、花諷院和狆は山を下りた。 退魔業でもなければめったに枯華院を離れることのない和狆が、骸羅を連れて人里に向かったのは、ほかならぬ枯華院の本堂の屋根に穴が開いたからである。 もとよりひなびた山寺のこと、取り立てて飾り立てる必要は…

ヤンタムゥ

『サムスピ』シリーズのスピンオフ作品『ナコルル~あのひとからのおくりもの』、通称『ナコりもの』に登場するカムイコタンの若者。マナリに思わせぶりな態度をしておきながら、実は虎視眈々とナコルルを狙っていた不届きな子安だが、名前が安定しない。髪…

『うつぼ舟、胡蝶の舞』 作品解説

以前にアップした『KOF』関連の二次小説は、基本的にはどれも仕事として受けたものの名残というか、用意したにもかかわらず使わなかったものを再利用して書いたものなのだが、今回の『サムスピ』は、仕事とは完全に無関係の作品ということになる。覇王丸(浪…

『うつぼ舟、胡蝶の舞』 後段

鍋の中身もあらかたなくなり、杯を傾ける回数もずいぶんと減ってきた頃、狂死郎がふと思い出したように切り出した。「――鬼がのう」「はァ?」「鬼じゃ。まさかおぬし、鬼を知らぬわけでもあるまい?」 鍋の残りに溶いた卵を回しかけてふたをした覇王丸は、狂…

『うつぼ舟、胡蝶の舞』 前段

ふもとの里ではまだ夏の名残が居残っているが、ここではすでにすっかり秋の色に染まり、風に薄のそよぐ音が何とはなしにもの哀しい。何かに急かされるように沈みゆく夕陽が、ほこりっぽい道に黒々とした影を落としていた。 滅多に旅人も訪れることのない飛騨…

風間火月

『サムライスピリッツ天草降臨』に登場した忍ばない忍者、風間火月。風間兄弟といえば、忍刀の鞘を固定する謎のチューブ状の帯が特徴だが、これはそれがもっともおとなしい『閃』のデザインをベースにしている。とはいえ、やはり忍刀自体はオミット。髪型は…

八角泰山

『SAMURAI SPIRITS 2 アスラ斬魔伝』に登場した書道家「もろすみたいざん」。退魔師だけど書道家。原作では巨大な筆を武器としてたずさえているが、もちろん再現不能。頭巾(?)で隠れてしまうが、髪型は男の子12、髪の色は黒。瞳の色はブラック。背中の文…

黒子

『サムライスピリッツ』シリーズに登場。当初、試合をジャッジするだけの背景同然のキャラだったが、『真』で操作可能なキャラに昇格し、「あやかしのものを狩る退魔師だった」という設定がつけ加えられた。ご覧の通り頭全体をつつむので、髪型、髪の色は問…

緋雨閑丸

『サムライスピリッツ斬紅郎無双剣』から登場の緋雨閑丸。『サムスピ』系のキャラは、おの以外の凶器(?)がないので似せるのが難しいのだが、閑丸の場合、背中に背負っている仰々しい刀よりも傘のほうが特徴的なアイテムなので、そのぶんハードルは低い。…

シャルロット

『サムライスピリッツ』シリーズに登場するおフランスのお貴族さま。本名はシャルロット・クロスティーヌ・ド・コルデ。ジャンプ大斬りだけでゴリ押し可能な強キャラとして一世を風靡した彼女も、このゲームでは当然、丸腰を余儀なくされている。髪型は女の…

ガルフォード

『サムライスピリッツ』シリーズの忍んでないほうの忍者。本名はガルフォード・D・ウェラー。これは初めてポリゴン化された『侍魂』での修羅モデル。忍刀はオミットしているため、鞘に付属する赤い紐もナシ。ただ、おかげで背中の「忍」の文字は見やすい。…