読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびだせどうぶつの森 QRコード置き場

ここにはおもに『とびだせどうぶつの森』でネオジオキャラになりきるためのマイデザイン用QRコードや、SNK関連の二次創作テキストなどを置いています。髪型や髪色、瞳の色については『とびだせどうぶつの森』の攻略Wikiを参照してください。

Twitter愛の劇場 20151221 Act02

どうぶつの森 Twitter劇場 餓狼

目先の音響機材に心奪われ、ビリーの追跡を忘れかけていたキム先生。だが、その時――!

f:id:A_Ureshino:20151221223603j:plain

「いやいやいや! この私まで悪の道に引きずり込もうとするとは……悪は許さん!」

 

f:id:A_Ureshino:20151221223630j:plain

「だいたい、洗濯好きなのはいいにしても、室内干しにするなら空気清浄機を使いたまえ!」

 

f:id:A_Ureshino:20151221223652j:plain

「それにしても、いったいどこへ消えたんだ、ビリーくんは? ほかの部屋も捜してみるか……」

 

f:id:A_Ureshino:20151221223713j:plain

「さてはこの部屋に……むむ? むむむ……ここはキノコの部屋……か?」

 

f:id:A_Ureshino:20151221223733j:plain

「ここもビリーくんがコーディネートしたのか? いいじゃないか! 落ち着く、非常に落ち着く♪」

 

f:id:A_Ureshino:20151221223753j:plain

「落ち着きすぎて、ちょっと眠くなってきたな……ちょうどいいところにベッドがあるじゃないか」

 

f:id:A_Ureshino:20151221223815j:plain

「少しだけ、ちょっとだけ……むにゃむにゃ……少し……チャンくん、私をさしおいて、新作に出るとは……ゆ、許るさーん……」

 

f:id:A_Ureshino:20151221223837j:plain

静かな眠りに就いたキム先生……彼はまだ知らない……すでにビリーがリリィとのクリスマスのために、空港に向かっていたことを……。

 

こうしてキム先生の51回目の誕生日は幕を閉じた。だが、『KOF14』への参戦が確定するまで、いや、『餓狼伝説』の新作がリリースされるまで、彼の戦いは終わることはないのである!
                                ――完――