読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびだせどうぶつの森 QRコード置き場

ここにはおもに『とびだせどうぶつの森』でネオジオキャラになりきるためのマイデザイン用QRコードや、SNK関連の二次創作テキストなどを置いています。髪型や髪色、瞳の色については『とびだせどうぶつの森』の攻略Wikiを参照してください。

『鬼のふたたび生まれいづること』 作品解説

二次小説 侍魂

ポリゴン版『侍魂』の幻十郎エンディングに、なぜすでに死んでいるはずの斬紅郎が唐突に出てくるのかよく判らず、それに個人的に説明をつけてみたというか、こうではないのかと解釈してみた作品。ということで、時系列的には『侍魂』の直後、1790年の夏の終わり頃。ちなみにこのあと、冬には『アスラ斬魔伝』の一件があり、そのエンディングで幻十郎の死が描かれる(ただ、この時の覇王丸との果たし合いが、1790年の暮れだとは断定できない)。

幻十郎というキャラクターは、主人公に対する激しい敵意や執着から庵と比較されたり、あるいは中の人のせいでギースとくらべられたりもしたが、そのふたりよりはずいぶんと判りやすい人間ではある。庵は極力人間的な面を削ぎ落とされているから当然としても、ギースより幻十郎のほうが非常に即物的で、つまりは人間味にあふれているからである。